« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月26日 (日)

デグー飼育において梅雨時や暑くなって気を付けたいこと

梅雨を迎えて暑くなってくると、
湿度が高くむしむしと不快な気候になってきます。

デグー飼育においては温度管理に一層気を使う必要が出てきます。

温度管理の他にも
ケージ内の環境に気を使う必要があると感じています。

それはケージ内の清潔感です。



3c6a5740
デグーはトイレを覚えずに、
どこでもおしっこをしてしまいます。

ある程度は場所を決めているようですが、
そこの場所が汚れてくるので違いはないかと思います。

これからの季節は湿度・気温が高くなります。

そうなると汚れを原因とした
カビやダニの発生がしやすい環境になります。


おしっこに関しては気温が高いと匂いも発生しますね。
室内で匂いが感じられる場合は、発生源はケージ内にあります。

脱臭機などに頼らず、
根本的に匂いのもとを絶つようにするのが良いと思います。

3c6a5659
リンは毛が白いので身体の汚れが目立ちやすく、
ケージ内の環境の指針になります。


以前の記事
デグーケージの清掃と清潔感
水飲みボトルの急な破損と日常のデグーケージ掃除の様子

我が家の場合は…

ステージは毎日1回拭き掃除しています。
おっしこ溜まりがあった場合は、適宜ティッシュで拭きとっています。

床材は週一回の全交換

この掃除方法は季節関係なく一年中同じ方法です。


3c6a5802
季節によって変えるのでは、
常に維持するのが重要だと考えています。


しかし、季節で汚れによって問題の発生しやすさがあります。
そのため暑くなる時期にはより気を使っています。

暑さはデグーにとって大敵です。
匂いやダニによって、デグー達が不快にならないように
日々の管理が大切だと感じています。


ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2016年6月25日 (土)

相変わらず写真のチャンスが少ないデグー

カイは私に写真撮影のチャンスをなかなか与えてくれません。

以前の記事
意外とカメラが嫌いなデグー

3c6a5567
カイの写真ではデグケツ写真が量産されます。

カイの写真が撮りにくいのは環境の影響もあります。

ケージが下段にあるため、
上段ケージに比べるとどうしても暗くなります。


ケージの奥の方に行くと暗くなるので、
撮影が難しくなることも…。
牧草入れや回し車は奥にあるので、
余計に難易度上がっているのかもしれませんね。


それでも待っていればチャンスは訪れます。

3c6a5541
床材掘りをしているときに外で物音がして、頭を上げた瞬間。

3c6a5512
ケージから乗り出して、外の様子を偵察する様子。

3c6a5574
3c6a5585
落ちた牧草を食べている様子。

食べ物を食べている時は足を止めるので、
デグー撮影では絶好のチャンスになりますね。


カイはペレット食べている時に近づくと発狂するので、
牧草を食べている時にしか撮影が出来ません。

なかなか写真撮影させてくれないカイですが、
待っていればチャンスが訪れます。
その時を待ってじっくりと腰を据えるのが良いのでしょうね。


ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2016年6月24日 (金)

手に捕まっている仲間のデグーを助けようとしている?

我が家では健康チェックも兼ねて、
デグーを手の上に乗せています。
3c6a5306
手の上に乗っているのはランです。


3c6a5312
3c6a5313
健康チェックでは両手を使っているのですが、
今回は写真撮影しているので、ランは捕まっただけになっています。

ランの後ろではリンが写っています。
ランの位置が変わっても付いてきているようですね。

試しにリンにランを近づけてみると…
3c6a5316
3c6a5323
リンが身体を伸ばして、
私の手からランを助け出そうとしているように見えますね。


普段からリンとランは仲が良いので、
捕まっている姿を見て助けなくてはと思ったのかもしれません。



でも、実はリンは私の手を狙っているだけだったりします。

リンはテンションが上がってくると、
何でも引っ張り込もうとする癖があります。
そこでよく標的になるのが私の指だったりします。

この時も最後の写真をよく見ると、私の指を咥えています。

咥えた状態でぐいぐいと引っ張り、
ケージ内に引き込もうとしていたり…。

何故、そのような行動にでるのかは分かりません。
危害を与えようとしているわけではないので、
時に注意などもしていません。

月に数度はこのような状態になるので、
何か特殊な条件があるのかもしれませんね。

写真だけを見ると微笑ましい光景なのですが、
実際はそんなことなかったというフェイクでした。





ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2016年6月23日 (木)

ブルーデグーのクウの誕生日

すっかり遅くなってしまいましたが、
6月15日にクウの誕生日を迎えました。


3c6a5264
今年で2歳になります。

我が家のメスデグーの中では一番大柄な体格をしており、
245g前後の体重をキープしています。

3c6a5435
誕生日のお祝いなどはしていませんが、
いつも良い表情をしているので、
我が家の生活も気に入ってくれているのではないでしょうか。

本来はデグー達を祝ってあげるべきなのでしょうが、
元気に暮らしている姿を見ていると、
私が逆に励まされているような感じがありますね。


ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2016年6月19日 (日)

デグーに厳しい梅雨と夏のシーズン

このところ雨が続き梅雨入り真っ只中といった気候です。

デグーの飼育環境にとって、非常に厳しい季節がやってきました。
3c6a5354

昨年にも夏の管理の記事を書いています。
梅雨時はデグー飼育において注意が必要です。
デグーの夏の過ごし方と温度と湿度の関係
デグーにとって夏は非常に厳しい季節です。

特に今年は猛暑という予想が出ています。

ヒトですら厳しい夏ですから、
デグーにとってはより厳しくなるでしょう。

3c6a5455
過去の記事と同じようになりますが、
我が家の温度管理はエアコンです。

現在のエアコン設定は、26度の冷房になっています。
寝床の保温のためにヒーターの暖突も起動しています。

26度の設定でも周辺の環境によって、
温度が前後するようです。

室温の温度変化を調べた感じでは、
日が照っていて室外が高温になっている時は、
設定温度より低くなります。
室外が室温より涼しい場合は設定温度通りになっていますね。

我が家のデグー達(メスデグー)は
26度が暑い・快適のボーダーラインになっているような感じがあります。

・26度以上であれば暖突がないところで寝る
・26度以下であれば暖突の下で寝る

オスデグーのカイに関しては、暑がりなのか寒さに強いのか、
普段からあまり暖突の下で寝ることが少ないです。

昨冬も室温が20度以下に低下していた時にも
野良寝していることがありました。

デグーの飼育温度には諸説あるようで、
私も正確な数値は分かっていません。

現在の我が家の場合では
冬:20度
夏:26度
といった温度管理でしょうか。

デグーの快適温度は個体差があると感じますので、
各デグーに見合った温度管理を見極める必要があると思います。


3c6a5470

特にこれからの季節はエアコンが必須になってきます。
一つのミスが大きな事故に繋がることがあります。

エアコンのONOFFは
「少しでも迷ったら点ける」
これに限るかと思います。

私はいつも、かけがえのない生命を預かっているという事を
常に念頭に置いています。


ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2016年6月18日 (土)

バラの新苗の鉢増し作業

今年購入したバラの新苗の2つ購入しています。

前回の記事
今年購入した新苗-パシュミナ&プリンセス・シャルレーヌ・ドゥ・モナコ-

以前の植え替えでは5号スリット鉢のロングを使用しています。

植え替えから1カ月弱経っています。
そこから気温も上昇し、
鉢土の乾きが目立つようになってきました。

気温も上がってくることから、
夏に向けて2度目の鉢増し作業を行うことにしました。

3c6a4922
鉢のサイズは一回り大きくなって、
6号スリット鉢のロングになっています。

鉢増し作業は生長と気候に合わせて
徐々に大きくしていく予定です。

次の植え替えは梅雨の終わりごろになるでしょうか。

新苗の植え替えは、
最初から大きな鉢では土が過湿気味になり、
根のために良くないと言われています。

3c6a4919
植え替える際に根の状態も確認しています。

最初の植え替えから1ヶ月も経っていないのに
綺麗に根鉢が構成されていますね。

植え替えに使用している土は、
バラを植えてあるアプローチのを拝借しています。

土の簡単な構成は、
真砂土(最初からあった土)+スーパーココ+バーク堆肥+腐葉土
他にも貝化石・そば殻燻炭・微生物資材をブレンドしています。

スーパーココの割合が高く、有機質が多い構成ですね。

簡単な配分を考えてざっくりとブレンドしているのですが、
根鉢の具合を見ると、バラの生育には問題がないようですね。

どうなるか不安なところがあったのですが、
良い状態を見れて安心しました。


ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

2016年6月17日 (金)

今まで換毛しているか分からなかったデグー

我が家の白いパイドデグーのリンは、
今まで換毛らしい換毛を見ることが出来ませんでした。

今回、大きく換毛している様子が見られています。
先日の記事でもよく見ると換毛真っ最中の様子が見てとれます。

掃除中に逃げ遅れてしまったデグー

3c6a4952
3c6a4948
上半身、頭からお腹辺りまでは換毛が終わっています。

リンは白い毛の比率が高いためなのか、
換毛期特有の換毛ラインが見えません。


撮影時の換毛箇所は背中からお尻にかけてになります。
3c6a4940
3c6a4957
抜けていっている毛がぼさぼさになっており、
下から短く新しい毛が生えてきています。


この時は身体を触ると毛が抜けてしまいます。
あまり触りすぎると抜け過ぎて地肌が露出する可能性があります。

換毛は自然に生え変わるのを待ち、
ブラッシングなどは必要ないかと思います。




ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2016年6月15日 (水)

掃除中に逃げ遅れてしまったデグー

我が家ではデグー達を
ケージにいれたまま掃除をしています。

拭き掃除や掃き掃除をしている間も
デグー達は好きに動き回っています。

牧草入れを回収しようとしたところ、
リンが中に入ったままでした。

3c6a4962
クウとランであれば牧草入れを動かすと外に出ていきます。

リンはのんびりしているのか、危機管理意識が薄いのか、
逃げ遅れていることが良くあります。

3c6a4963_3
3c6a4965
リンは自分の置かれた状況に気づいたのか、
少し慌てている様子がありますね。

3c6a4967
3c6a4968
3c6a4969
上からケージに帰れる道を見つけて、
無事に戻ることが出来ました。

一連の写真を見てみても、
何だかのんびりしている様子が伝わってきますね。


我が家のデグー達の中では、
リンが一番落ち着きがあり、のんびりしている様子があります。
デグーは活発な性格が多いなか、
リンは一つ一つの動きで和ませてくれる存在です。



ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2016年6月12日 (日)

デグー用の乾燥野菜作りと50度洗い

今年から庭で家庭菜園を始めています。

採れた野菜類を食べるのはヒトがメインですが、
デグー達にも与えています。

我が家のデグー達は生野菜を食べないので、
乾燥野菜にしています。


同じ野菜なのに、生と乾燥状態では
食いつきが全然違うのは不思議ですよね。
デグー達には水分がある状態だと、
食べ物と認識していないような雰囲気すらあります。

3c6a5006
収穫した野菜は、
ラディッシュ・花芽が見えてきたバジル・花が咲いたオレガノ

ラディッシュが変形しているのは
家庭菜園ならではの光景ですね。

この中でデグーに与えるのは、
ラディッシュの葉とオレガノです。

ラディッシュの葉を見てもらうと虫食いだらけになっています。

ラディッシュはアブラナ科の野菜で、
非常に虫の被害にあいやすいです。

家庭菜園では農薬を使わないようにしているので、
虫たちの格好の標的となっています。

収穫した野菜は虫などが付いている場合があるので、
我が家では50℃洗いを行っています。

50℃洗いとは
48~52℃ほどのお湯で野菜を洗う方法です。

効果としては
・しなびた野菜が復活する
・えぐみや灰汁が抜ける
・汚れ(雑菌や虫など)が落ちやすくなる

行程としては、
1.あらかじめ水で野菜を洗っておく(大まかな汚れを落とす)
2.50℃のお湯を準備する(沸騰させたお湯を水道水で割る)

3c6a5008
正確に50℃を計測するには温度計が必要です。

3.50℃のお湯で野菜を洗う
3c6a5013
3c6a5014
3c6a5017
50℃のお湯は結構熱いです。
長時間指を付けていると火傷しそうな感覚があります。

50℃はヒトが熱いと感じる温度ですから、
野菜に付いている虫は一網打尽になります。

4.水気をキッチンペーパーで拭く
3c6a5042

我が家での乾燥野菜作りは自然乾燥です。

直射日光の当たらない風通しの良い所に置いています。

いつもの置き場所はデグー部屋の空気清浄機の送風口の近くです。
空気清浄機のブルーエアは横から風が出るので、
乾燥場所としてちょうど良い感じですね。

完全乾燥するまで2.3日くらいでしょうか。
野菜によって乾燥具合が変化するので、
触ってパリッとする状態まで放置しています。

完全乾燥した野菜は
乾燥剤が入った密封容器にいれて保存しています。

完全乾燥していれば劣化しにくく日持ちがしますが、
1.2ヶ月もすれば廃棄する方が良いでしょう。

我が家の場合では家庭菜園で常時供給できる状態にあるので、
常に新鮮な野菜を与えていきたいと考えています。

バリエーションも豊かに
デグー達の食事に変化を持たせていきたいですね。



ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2016年6月11日 (土)

2016年奈良公園の小鹿達

奈良公園の鹿苑にて小鹿を見てきました。

毎年6月に春日大社境内にある鹿苑にて、
小鹿の一般公開を行っています。

鹿苑を運営する奈良の鹿愛護会は、
事故を防止するため妊娠している雌鹿を保護しています。

Img_7962

5月から7月までの間が出産シーズンになり、
奈良公園では多くの小鹿を見ることが出来ます。

Img_7845
Img_7802
Img_7831
Img_7844
産まれて間もない小鹿は母乳のみで成長するため、
2~3週間の間は物陰にじっと隠れていることが多くなります。

小鹿は鹿の子模様が白くて綺麗ですね。
大人の鹿の夏毛にも鹿の子模様がありますが、
白い斑点の白さに違いがあります。

Img_7920
Img_7925
授乳する様子も見ることが出来ました。
小鹿は一日に3回授乳するようで、
意外と少ないんだなという印象です。

あと、この写真には2頭の小鹿が写っています。
鹿の出産数は基本的に1頭だと思うのですが、
自分の子供以外にも授乳することがあるのでしょうか。

親鹿もあまり気にしていないようで、
群内の小鹿だとあまり区別はしないのかもしれませんね。





ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

2016年6月 7日 (火)

花が終わり大らかな生長を見せるバラ達

春の花が終わりバラ達が大きく生長するシーズンになりました。

この時期になると日差しが強いので、
手入れは早朝か夕方に行っています。

庭は東向で、朝から昼過ぎまで日光があたります。

梅雨になったことで日照時間が少なくなり、
雨が多くなるので病害に気を付けないといけませんね。


3c6a4893
マドモアゼル

大量のシュートを発生させています。
枝が大きく伸びているのはシュートの枝になります。

低めに壁面を這わすことが出来まいかと計画しており、
シュートのピンチをおこなっていません。
マドモアゼルはそれほど高さが出ないようですが、
枝が多いのでボリュームは出せそうです。


3c6a4895
ジェネラシオン・ジャルダン

写真ではシュート2本とサイドシュート1本が発生しています。
現在はもう1本シュートが発生していました。

そのシュートは地中から伸びてきていて、
見た時は少しびっくりしました。

少し深植え気味になっているので、
クラウンの下部から発生しているのでしょうか。

写真のシュートと同じように赤いので、台芽ではないかと思います。

ジェネラシオン・ジャルダンも壁面に這わそうかと計画しているので、
ピンチを行わず真っすぐ伸ばしていきたいと思います。

3c6a4892
レディ・エマ・ハミルトン

まだシュートの発生は見られていません。
我が家のバラの中では古参の部類に入るため、
数年もの間シュートの発生していません。

主枝が1本のみなので、
今年こそはと期待して見守りたいと思います。


ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

2016年6月 5日 (日)

リラックスした表情をしているデグー

我が家のデグーは昼間は寝ているか、
リラックスしていることが多いです。

この時のクウもケージ掃除が終わり、
落ち着きのある時間が始まったころでした。

ご飯の皿が取り外されているので、偵察しに来ています。
我が家では普段は付けっぱなしになっており、
夜の食事準備の時かケージ掃除の時にしか外していません。
3c6a4755

クウはリラックスしている様子で、
表情が穏やかに見えますね。
3c6a4762

写真を撮られていることに気づいて、
カメラ目線になっています。

3c6a4765
3c6a4766
3c6a4767
目線を外さずに毛繕いをしていますね。
表情は穏やかなままなので、とても優しい印象があります。

デグーの表情は感情や環境によって変化します。

デグーの穏やかな表情の写真は、
飼い主も穏やかにしてくれそうな力があるように感じます。


ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

2016年6月 4日 (土)

庭の家庭菜園

庭ではバラ栽培の他に家庭菜園を行っています。

栽培スペースは3m×3mほどです。

3つのレイズドベットを作成し、それぞれ野菜を育てています。

現在栽培中の野菜は
スイスチャード・ビーツ・ラディッシュ・バジル・大葉・
ナス・トマト・ズッキーニ・セリ・ベビーリーフ

トマトは3種育てており、実が大きくなってきています。

3c6a4883
ハニーイエロー(ミニトマト)

3c6a4885
ロッソロッソ(大玉)

3c6a4891
純あま(ミニトマト)

生育状況としてはハニーイエローが一番早い感じですね。
一段目の実のサイズは、ミニトマトとして十分な大きさになっています。



3c6a4888
バジルと大葉はトマトの間に植えています。
コンパニオンプランツとして相性が良いようです。

まだ植えたばかりなので、サイズは小さめですね。


3c6a4879
ベビーリーフもニョキニョキと伸びています。
そろそろ一回目の間引きが必要かな。

3c6a4904
セリはランナーを伸ばして暴れ回っているので、
刈りこんできてデグー用に乾燥させます。

さり気なくラディッシュの葉も混ざっていたり…。

家庭菜園で作られた野菜類は、
食卓を賑やかにすることが出来ますし、
デグー達にも良い影響を与えることが出来ると思います。

これから暑くなり野菜栽培には厳しい季節になりますが、
上手く乗り切れるように管理していきたいと思います。



ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

2016年6月 3日 (金)

カメラ慣れしてポーズを取ってくれるデグー

我が家で一番小柄なランは
カメラが好きなんじゃないかと思うことがあります。


3c6a3438
カメラ目線はランの得意ポーズです。

3c6a4073
モデル立ちだって出来ます。

3c6a3855
3c6a3847
澄まし顔から変顔も見せてくれます。

3c6a3450
3c6a3452
写真を撮りやすい位置で毛繕いしてくれます。

ランは人一倍無邪気で好奇心が強いです。
写真写りが良くなるのは、
外やカメラに興味を持っていることが影響していると感じています。

カイのようにカメラに興味を持たないデグーもいれば、
ランのようにカメラが気になるデグーもいます。


デグーの性格によって、写真の写り方が変わるようですね。





ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

ブログパーツ

  • スポンサー
  • Twitterやってます
  • ブログランキングに参加中です
  • 検索フォーム

    powered by @search
  • メールフォーム
  • ランキング

ウェブページ