« デグー写真集(その7)日光浴と光差す日常風景 | トップページ | ラドルチェヴィータとあおいの開花 »

2015年5月15日 (金)

デグーの夏の過ごし方と温度と湿度の関係

今年の気候は冬が長くて春が短かった印象です。
気温も連日25度を超える日が続いています。
25度を超えると夏日と呼ばれるように、
気候的にはもう夏になったのかと思います。

3c6a2203

これからの季節はデグーにとって非常に厳しい環境で、
飼い主の皆さんは思慮していることかと思います。

まずは我が家の夏の温度対策を紹介します。

我が家では一年中エアコンが起動している状態です。
ケージ内の暖房器具として暖突も一年中起動しています。

エアコンの温度設定は冬20度で夏は25度くらいの設定です。
その日の気温や天気によって、少し前後する時はあります。

夏のエアコンの温度設定が低いんじゃないかと思われるかもしれませんが、
我が家のケージの設置場所が西日が当たる環境であるため、
夕方になると室温が上がってしまいます。
窓の付近は2~3度は上がってしまうため、
上昇幅を考慮した温度設定になります。

暖突を常時設置しているのは、エアコンで冷えすぎた場合の対策です。
デグーは寝る時は暖かい場所を好む傾向があるため、

ホットスポットを作るのは効果的だと感じています。

ちなみに冷感グッズとしてアルミプレートや大理石などが販売されていますが、
肌に触れることで涼を感じれるタイプは、デグーには効果が薄いように感じます。
デグーは毛は短いですが密度は比較的高いため、
肌に接することがないのかと感じました。

我が家でも昔に石やテラコッタのプレートを購入したことがあります。
その上で涼を取っている様子もなく、おしっこをされると不潔になるため、
今では床材節約のアイテムとなっております。

3c6a2305

次にエアコンの設定は、冬は暖房、夏は冷房です。
除湿機能は使用していません。

除湿機能を使用していないのは複数の理由があります。

1つ目の理由としては、
デグーにとって温度と湿度のどちらを優先すべきか。

2つ目の理由は
エアコンの除湿能力は冷房>ドライであるため。

1つ目の温度と湿度の優先順位は、
私としては温度>>湿度と捉えています。

デグー飼育において両方を快適指数にするのが理想ですが、
どちらも叶えるのは難しいのが実情です。
それならば優先すべきは温度です。
いくら湿度が快適であっても温度が高ければ意味がありません。

ちなみにエアコン以外で除湿する方法として除湿器があります。
しかし、除湿する際に室温を上昇させてしまうので、
私としてはあまりお勧めはしません。
最新の除湿器はどうかわかりませんが…。

2つ目の理由は意外と知られていないのかもしれませんが、
エアコンの冷房は、ドライより除湿能力が高くなっています。

この理由にはさらに気を付けないといけない点があります。

エアコンの除湿機能には「弱冷房除湿と再熱除湿」の2種があります。
※設置してあるエアコンがどちらの方法なのかは、
説明書やHPで確認することが出来ます。

弱冷房除湿は、名前の通り弱い冷房を掛けて除湿します。
再熱除湿は、除湿するために冷やした空気を室温まで再加熱します。

どちらの除湿方法に関しても一度は空気を冷やす必要があります。

その後の工程で
冷やしたままの空気を送りだす(弱冷房除湿)
室温や設定温度に合わした空気を送り出す(再熱除湿)

エアコンの各機能の特長を比較すると
・冷房能力
冷房>弱冷房除湿>再熱除湿
・除湿能力
冷房>再熱除湿>弱冷房除湿
・電気代
再熱除湿>冷房>弱冷房除湿

今の時期ぐらいの気温(25度~30度)くらいであれば、
電気代を考慮した弱冷房除湿でも大丈夫かなとは思います。
しかし、これから厳しい暑さになってくると、
弱冷房除湿ではパワー不足になってきます。

以上の理由で
私は大阪在住で夏場が非常に厳しい環境になるため、
温度を最優先した結果、冷房のみの運転にしています。





ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村

« デグー写真集(その7)日光浴と光差す日常風景 | トップページ | ラドルチェヴィータとあおいの開花 »

コメント

こんにちは!
うちは小型犬がいるので、24時間空調です。
更に水槽用のクーラーも2台かどうしてるので
どうしても室温があがっちゃいますからね。

『除湿器があります。
しかし、除湿する際に室温を上昇させてしまう』

これは、デシカント式という方式を取ってる除湿機のみです。
コンプレッサー式の場合は室温の上昇はほぼありません。
今はハイブリッド式なんてものもあるそうです。
ちなみに、うちはデシカント式(除湿効率重視)なので、
今の時期は使えませんwwww

先日から気温も下がってきてエアコンを一時的に止めてみました。
雨も降ってたせいか、湿度は70%にもなってましたOrz

ただ、いくら乾燥地帯に生息してるからといって
雨が全く降らない訳じゃないと思って
『数日なら大丈夫でしょ?』って思ってました。
その時の室温24度。

今の所、デグーに変化は見えません。

P.S木質ペレットでのアレルギーの件、ご注意ありがとうございました。
 こちらも、今のところは変化なしのようです。

>>しんげんさん

住んでいる地域や環境によって対策は様々ですが、
24時間エアコンが一番安心できるかと思います。

私は大阪在住なので、高温多湿です。
温度対策としてエアコンを使うと自然と湿度も下がるので、
湿度の優先度を低くしています。

私は除湿器に対して知識が少ないせいか、今でも懐疑的です。
除湿単体の機能を比較しても
エアコンの方が性能が高いような気がします。
併用するのが一番効果的なのかもしれませんが、
デグー飼育でそこまでする必要も感じないですし…。

室温に関してはデグーの慣れも影響しますが、
24度くらいであれば多少湿度が高くても変化は見られないと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2075645/60012941

この記事へのトラックバック一覧です: デグーの夏の過ごし方と温度と湿度の関係:

« デグー写真集(その7)日光浴と光差す日常風景 | トップページ | ラドルチェヴィータとあおいの開花 »