« 荒れ模様のデグーとプロの走りを見せるデグー | トップページ | 海外デグーケージの難点と解決策~Midwest Critter Nation with Stand~ »

2015年3月28日 (土)

桜の開花とバラへの微生物資材散布~トーマスくん~

近所の公園では桜が開花し始めました。

3c6a9699
まだ開花し始めたばかりで、
遠景で撮るとちらほらと見えるぐらいの開花状況です。
これから暖かくなるので、一気に開花が進むでしょうね。

ソメイヨシノは開花から一週間ほどで満開になり、
そこから散り始めます。
状況は気温や天気によって左右されますが、
来週が一番の見ごろになりそうですね。


3c6a9694
満開の様子も圧巻ですが、
蕾が膨らんだ様子も綺麗ですね。


-------------------------

今週のバラの手入れは、芽かきと微生物資材の散布を行いました。

芽かきは余分な芽を摘み取り、
養分を集中させることにより良い花を咲かせることが出来ます。
他には風通しを良くすることによって、
虫害や病害の被害にあいにくくなる効果があります。



そして、我が家で使用している微生物資材は「トーマスくん」です。
アープ・トーマス・オルガ菌という微生物を配合しています。

バラだけでなくほとんどの植物は
土中の微生物から様々な恩恵を受けています。

微生物は堆肥や有機肥料などの有機質を食料として増殖します。
その有機質を分解した際にでる養分が
根から吸収されることにより植物の成長につながります。

我が家で使用しているバラ用土は
ココチップを主体として有機質を多用しています。
赤玉土などの無機質を使用していないため、
ミネラルが不足しやすい環境にあると思います。
そのため有機石灰などを使用して、
それを分解するためにも微生物が重要となります。

鉢植えでは土量が限られるため、
微生物資材は定期的に散布する必要があります。
我が家では2週間に一回散布を行う予定にしています。


3c6a9701
ラドルチェヴィータ(デルバール)

3c6a9705
マドモアゼル(デルバール)

この二品種は昨秋に我が家にやってきました。

ラドルチェヴィータは購入時に花がついていたので
美しさは分かりますが、
マドモアゼルはまだまだ未知数です。

淡いピンク色で小中輪の房咲きになるようです。
花数が非常に多くなるようで、
5月頃にはたくさんの花を見せれるように手入れしていきたいと思います。


ブログランキングに参加しております。
クリックしていただければ、とても励みになります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

« 荒れ模様のデグーとプロの走りを見せるデグー | トップページ | 海外デグーケージの難点と解決策~Midwest Critter Nation with Stand~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2075645/59434783

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の開花とバラへの微生物資材散布~トーマスくん~:

« 荒れ模様のデグーとプロの走りを見せるデグー | トップページ | 海外デグーケージの難点と解決策~Midwest Critter Nation with Stand~ »